HOME > Kyotoブログ > 心に響く言葉

Kyotoブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

心に響く言葉

西武松坂大輔投手が、高校野球の夏の甲子園大会の中止を受け、出されたコメントの一部を抜粋しました。

「ただ、選手の心に寄り添い、アイデアを出し、実行することは大人に出来ます。「出来ない」ことを決めるだけではなく、「出来ることは何か…」を考える。従来の形の地方大会でなくとも、仲間と積み上げた日々を証明する舞台を用意してもらいたいです。」

私も報道で長崎商業の野球部員が泣き崩れる様子を見ながら、私たちには、どうしようもできない辛さを痛感していた矢先に目に止まった松坂投手の言葉にとても励まされました。
アメチャボ京都校
下田 礼子

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ