HOME > プリスクール : ケイキインターナショナルスクールのカリキュラム

プリスクール : ケイキインターナショナルスクールのカリキュラム

カリキュラム

IMGP7910.JPGKeiki International Schoolでは、

Social(社会性)/Emotional(情緒)
Physical(身体)
Cognitive(認識・知的)
Language(言語)

これらすべての発達領域を重視し、
お子様が総合的な成長を促進できるカリキュラムを組み立てていきます。
園生活の中ので国際基準のレベルの英語を身につけると共に、生涯にわたる人格形成の基礎をしっかりと身につけていきます。

Play

play0001.JPGKeiki International Schoolでは、幼児期の子供にとってのPlay(遊び)の大切さを重視し、"Learning through play"(遊びを通して学ぶ)を基本に多くのことを学んでいきます。

幼児期の子供は、Play(遊び)によって、もっともよく学ぶことが出来ると言われています。質の良い遊びは、子供達にとってさまざまな経験をする機会を与え、多くのことを学ぶ事ができます。よって、幼児期の子供にとって、"遊ぶ時間=学習の時間"と言えます。

Learning Centers

learningcenters0001.JPG教室を"質のよい遊び"が出来る環境とするために、Learning Centersを作ります。Learning Centersとは、教室の中に、ごっこ遊び、積み木、本、パズル、ブロック、アート&クラフト、Scienceなどタイプの違う遊びをそれぞれ区切られた違うスペースの中に設けます。その中で、お子様は自分自身で興味のある遊びを選択し遊びます。
Learning Centersを準備する際に、おもちゃやその他の道具などがお子様の発達レベルに適しているものなのか、"Open-ended"(制限のない/自由なもの)になっているかなどを考慮します。それにより、子供たちの興味、好奇心や探究心を引き出し、お子様が集中して"実験"や"探索"を繰り返しながらさまざまなことを自ら学習出来る場所となります。
そして一番に、Learning Centersで遊ぶことにより、より自然な行動の中でお子様が英語を身につけていくことが出来ます。講師たちがお子様の遊びに一緒に加わり、手に持っているものの名前を英語で教えたり、動きの一つ一つを英語で表現したり、遊びを通して自然な会話をしていく事で、「生きた」使える英語を習得し使いこなせるようになっていきます。

Monthly Theme

monthlytheme0001.JPG毎月一つのテーマ(例:Spring、Sea)を決め、それに沿って、

Learning Centersのセッティング(おもちゃ、道具、写真など)
Events(遠足など)
Circle Time(絵本、歌、ダンス、ゲームなど)
Input Language

などを決めていきます。

Input Languageはその月のテーマに関連した単語、
フレーズなどを毎月決めます。それらをLearning Centersで遊んでいる時やCircle Time、またそのほかの時間にも講師達が機会を見つけ、何度も繰り返し使い、そしてお子様達が繰り返し耳にし、またリピートする事により、それらの英語を身に付け、「生きた」英語が使えるようになっていきます。

室内遊具

yugu0001.JPG天候に左右されずに毎日全身を使い、健全な身体だけでなく心も養います。

遊具を使ったPlay(遊び)により、以下の4点を養います。

全身を使い鍛える
創造性を養う
予知能力を高める
集中力を高める

このページのトップへ